バリ島のコーヒー【猫の糞から採れる最高級コーヒーをお土産に買って帰ろう】


《スポンサーリンク》



coffee

バリ島はルアクコーヒーの名産地としても有名です。

猫の糞から取れるルアクコーヒーは世界でも高級品として位置付けられており、バリでしか味わえない一品です。

今回は『バリ島の高級コーヒーであるルアクコーヒーについて』お伝えしていきます。

コーヒー好きなお友達や男性へのお土産としてもオススメなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

バリ島の最高級コーヒー

airport21

バリ島には、世界一高級であると言われているコーヒーがあります。

その名も『ルアクコーヒー(別名コピ・ルアク)』!!

最近では偽物も出回っているようですが、一応LUWAK(ルアク)と書かれているものは最高級のコーヒーになります。

やはり最高級だけあって、値段もほかのコーヒー豆に比べ割高です。

一般的なお土産のコーヒーは500円くらいなのですが、ルアクコーヒーはその3〜4倍の値段で売られています。

ではなぜ、ルアクコーヒーは最高級であると言われているのでしょうか?

猫の糞から拾い集められた豆

ルアクコーヒーが最高級であると言われている所以は、その希少性にあります。

豆の採取方法が独特なので、プロセスをたどって見ていきましょう。

【ルアクコーヒーの採取方法】

インドネシアに生息するジャコウネコ(猫)がコーヒーの木の赤い実を食べる

ジャコウネコの体内で果肉が消化される

豆は未消化のまま糞として排出される

糞の中から豆だけ取り出す

洗浄、乾燥させた後、焙煎される

ジャコウネコは実を食べる際、しっかりと成熟した美味しいものを厳選するそうです。

つまりジャコウネコの感性によって選ばれた実が、コーヒー豆となるのです。

もちろんジャコウネコが食べた分しか豆を作れないので、大量生産もできません。

これらの要因が合わさって、ルアクコーヒーは非常に価値の高いものとされているのです。

《スポンサーリンク》

さいごに

最高級とされるルアクコーヒーですが、気になるのはその『味』ですよね。

実際のところどうなのかと口コミを調べてみたところ……

味は『普通』だそうです。

ルアクコーヒーの値段を高騰させているのはその希少性にあり、味の美味しさにある訳ではないということです。

味が美味しい!品質が良い!という訳ではないので、味の保証はできません。

しかしジャコウネコの話などもできるので、お土産としては最適かもしれません。

みなさんもぜひバリ島に来たら、一度ルアクコーヒーを試してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

コメントを残す

サブコンテンツ

    バリ島のコーヒー【猫の糞から採れる最高級コーヒーをお土産に買って帰ろう】

このページの先頭へ