バッテリーパークから自由の女神に行く方法【自由の女神の台座〜博物館まで】


《スポンサーリンク》



k0014454

バッテリーパークから自由の女神に行く方法の第三弾です。

このページでは『自由の女神の台座〜博物館まで』についてお伝えしていきます。

自由の女神の中の部分はどうなっているの?という人にオススメの記事です。

『バッテリーパークからの行き方を知りたいよ!』という方は、このシリーズの第一弾第二弾の記事から読み進めてくださいね。

バッテリーパークから自由の女神に行く方法【自由の女神の台座】

k_9535

着きました〜!グルグルグルグル階段を上っていって、ようやく台座に到着です。

k0014472

上を見上げると、こんな感じで女神さまが見えます。

もちろん360度ぐるりと一周できるので、じっくりと台座からの景色を堪能してください。

k0014475

王冠までのチケットを持っている人は、ここからさらに上に上がってください。

わたしは台座までのチケットを取ったので、ここから再び降りていきます。

k0014479

下に降りていくと、台座の下あたりで再び外の景色が見れる広場があります。

k0014490

そこから自由の女神像を撮ると、このように台座を含めてきれいに切り取ることができます。

《スポンサーリンク》

バッテリーパークから自由の女神に行く方法【自由の女神博物館】

k0014497

一番下まで降りて、自由の女神博物館に入りましょう。

ここでは自由の女神の歴史や作成の経緯などが細かく紹介されています。

フェリーから降りてすぐのところで受け取った音声ガイドを聞きながら、博物館を見て回りましょう。

k0014507

顔の模型などもあります。美人さんですね〜。

博物館はそんなに広くなく、ぐるっと一周したら終わりになります。

わたしも15分くらいで見終わってしまいました。

k0014515

最初に入ってきたところまで戻ってきたら、あとは出るだけです。

ロッカーに預けていた荷物を忘れずに取りにいってくださいね。

そしてそのあとはお土産を見たり、芝生の上でゆっくりしたりと、リバティ島を各々楽しんでくださいね〜。

さいごに

自由の女神まではチケットの予約時間までに行けば、あとは時間に縛られることなく自由に行動することができます。

フェリーは20分〜30分単位で運行しているので、好きなタイミングで乗り込みましょう。

エリス島の移民博物館にも行きたい人は、その時間も考慮しておいてください。

自由の女神の観光にかかる時間は、半日は見積もっておいた方が良いでしょう。

わたしも12時にバッテリーパークへ到着して、リバティ島、エリス島と立ち寄ってから、マンハッタンに戻ったのが5時過ぎでした。

みなさんも時間に余裕を持って、自由の女神を楽しんできてくださいね。

この記事がみなさんのお役に立てたのなら、光栄です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

コメントを残す

サブコンテンツ

    バッテリーパークから自由の女神に行く方法【自由の女神の台座〜博物館まで】

このページの先頭へ