ロサンゼルス空港の喫煙所について【覚えておきたい3つの注意点】


《スポンサーリンク》



ロサンゼルス空港の喫煙所の情報はこちらの記事にて紹介されていただきました。

この記事では『ロサンゼルス空港で喫煙される予定の方に伝えておきたい3つの注意点について』まとめています。

アメリカは地域によってタバコのルールが異なります。

『ロサンゼルス空港でタバコを吸いたいよ〜!』という方は、ぜひ一読くださいね。

ロサンゼルス空港で喫煙する際の注意点【時間】

こちらの記事でお伝えしたように、ロサンゼルス空港内には喫煙所がありません。

タバコを吸うためには、一度空港の外に出る必要があります。

ロサンゼルス空港が最終目的地の方は問題ありませんが、乗り換えでこの空港を利用される方は一度外に出てしまうと再びセキュリティーチェックを受ける必要があります。

乗り換えの方は、次のフライトまでの時間が最低1時間以上あることを確認して外に出るようにしましょう。

ロサンゼルス空港で喫煙する際の注意点【灰皿】

ロサンゼルス空港では外でタバコが吸えるとはいえ、あちらこちらに灰皿が用意されている訳ではありません。

そのためアメリカでもタバコを吸われる予定の方は、必ずポケット灰皿を携帯しましょう。

ロサンゼルス空港で喫煙する際の注意点【お土産】

乗り換えの方で一旦外に出てタバコを吸われる方は、セキュリティーチェックをもう一度受けるという点を念頭に入れておきましょう。

つまり液体物などを持っていた場合、捨てる必要があるということです。

他の空港でドレッシングや香水、お酒などの液体物を買っていた場合、それを機内に持ち込むことはできません。

それは空港内で買ったものであれ、一度外に出てしまったら持ち込むことはできません。

喫煙後再び空港内に戻ってくる予定の方は、その点もしっかりと確認しておきましょう。

《スポンサーリンク》

液体物を手荷物に持っていた場合

万が一手荷物に液体物を持っていて再びセキュリティーチェックを受ける場合、それらは回収されてしまいます。

しかし回収されないための方法として、航空会社のカウンターに行き荷物として預けるという方法があります。

つまり手荷物としては持ち込めないけれど、スーツケースなどと一緒に飛行機の底に入れて運ぶ分には持っていけるのです。

事情を説明すると箱なども用意してくたりするので、応急処置としてこのようなことが可能であることを覚えておきましょう。

《スポンサーリンク》

コメントを残す

サブコンテンツ

    ロサンゼルス空港の喫煙所について【覚えておきたい3つの注意点】

このページの先頭へ