MOMA・ニューヨーク【見所・絶対見るべきアート】


《スポンサーリンク》



k0013732

ニューヨークに旅行で来たらMOMA(ニューヨーク現代美術館)は観光スポットとして欠かせません。

しかしMOMAを訪れる前に有名作品など、MOMAの見所を確認しておきましょう。

そこで今回は『MOMAの見所作品について』お伝えしていきます。

これからニューヨークへお出かけの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ニューヨーク・MOMAの見所【4階】

MOMAの4階は、1940年〜1970年代の作品が並んでいます。

この階ではアメリカンポップアートの二大巨匠であるアンディーウォーホルとロイ・リキテンシュタインが目玉となります。

アンディーウォーホル

k0013728

この写真にあるのは、アンディーウォーホルの『ゴールド・マリリン』という作品です。

アンディーウォーホルの作品は画角的にも大きく目を引くため、すぐに見つけることができると思います。

ロイ・リキテンシュタイン

k0013784

これはお土産コーナーで見つけた、ロイ・リキテンシュタインのグッズ売り場です。

ロイ・リキテンシュタインの名を知らない人でも、この画風の人ね!という感じでおわかりいただけますでしょうか。

ロイ・リキテンシュタインの作品はうっかり撮り損ねてしまいました…ゴメンナサイ(汗)

《スポンサーリンク》

ニューヨーク・MOMAの見所【5階】

5階は1880年〜1940年代の作品が並ぶ、MOMAが最も気合いを入れている階になります。

この階では、学生の頃に美術の教科書に載っていたような有名作品がゾロゾロと並んでいます。

作品のタイトルを見ずとも『あの人の作品だ!』とわかるものが多いので、お好きな作家さんが入れば見逃さないようにお楽しみください。

ゴッホ

k0013734

k0013736

ルソー

k0013741

モディリアーニ

k0013755

ピカソ

k0013760

k0013754

他の作家に比べてピカソの作品は多く展示されていました。ピカソファンの方にとっては、有難い限りですね。

モネ

k0013763

モネの『睡蓮』は、5階の一番奥の部屋になります。

初めてみた方は『睡蓮』ってこんなに大きいの〜!?っと、驚いてしまうかもしれません。

中央にソファーがありますので、じっくりと腰をかけて味わってみてくださいね。

※その他有名どころでは、セザンヌ、ダリ、マティス、ゴーギャン、オキーフなどもあります。

さいごに

MOMAの見所作品は、4階と5階に集中しています。

そのためゆっくりと見て回る時間がない人は、この二つの階を優先的に見て回りましょう。

この記事がみなさんの『知りたかった!』という思いに応えられたのなら、光栄です。

最後までこの記事をお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

コメントを残す

サブコンテンツ

    MOMA・ニューヨーク【見所・絶対見るべきアート】

このページの先頭へ