ニューヨークのホテル【チップの相場について】


《スポンサーリンク》



k0014740

ニューヨークのホテルでは、チップはいくら位が相場なのでしょうか。

日本にはない慣習なので戸惑われる方も多いと思います。

そこで今回は『ニューヨークではホテルのチップ相場はいくらなのか』調べてきました!

これからニューヨークへお出かけの方は、マナーとしてぜひチップの知識を入れておきましょう。

ニューヨークのホテルのチップ相場

ドアマン

入り口のドアを開けてくれた・・・チップ不要

タクシーを呼んでくれた・・・1〜2ドル

ポーター

荷物を部屋まで運んでくれた・・・荷物1個につき1ドル

クロークから荷物を出してくれた・・・荷物1個につき1ドル

ルームキーパー

部屋を掃除してくれた・・・ベッド1台につき1〜2ドル(ベッドの脇のテーブルなどに置いておきましょう)

タオルなど持ってきてもらった・・・1回につき2ドル

その他のスタッフ

ルームサービス・・・2ドル

コンシェルジュ・・・1回につき3ドル

チップを支払う際のマナー

k0014761

コインではなくお札で渡しましょう

1ドルを渡す際もコインではなく紙幣でチップは支払いましょう。

コインを集めて渡すのは相手に対して失礼にあたるので気をつけましょう。

(できるだけ)チップはお釣りのないように渡しましょう

20ドル札など大きいお金しかない場合、相手からお釣りを要求するのはスマートではありません。

万が一の場合はこの方法を取ることは可能ですが、できるだけ避けましょう。

もしチップに払える小さいお金を持っていなかったら?

1ドル紙幣など小さいお金を持っていなかった場合の対処方法を紹介します。

:お釣りをもらう

大きいお金しか持っていないことを相手に詫びて、相手がお釣りを持っているか確認しましょう。

持っているようだった自分が持っている5ドルや20ドル紙幣を渡して、差額を返金してもらいましょう。

(しかしあまりスマートではないため、できるだけこの状況は避けたいものです。)

:チップが渡せないことを謝る

チップとして渡せるお金を持ち合わせてないことを相手に告げましょう。

状況として仕方ないので、相手も許してくれることが多いです。

(再び同じ相手のサービスを受けた際にチップを二倍にして渡してあげると良いでしょう。)

《スポンサーリンク》

チップを支払うときに困らないために

チップを渡す際に”お金がない”という状況にならないために、円からドルに換金するときは1ドル紙幣を多めにしておきましょう。

わたしは8泊10日のニューヨーク旅行の中で、現金は3万円分ドルに換金しておきました。

換金レートが107.44円だったので、20ドル10枚、10ドル7枚、1ドル9枚にしました。

旅行中に20ドルはすぐに崩すことになると思うので、始めは9枚くらい1ドル札を持っていれば十分かと思います。

さいごに

ニューヨークでチップを渡す機会があるのは、主にホテルやタクシーになるかと思います。

旅行客相手に仕事している人たちは、日本人がチップ文化に慣れていないことを知っているので大目に見てくれることも多いです。

”チップを絶対に渡さないといけない”と、きっちりし過ぎる必要もありません。

アメリカ人は寛容なので、ケースバイケースで起こることを理解してくれます。

肩肘張らずに、アメリカのチップ文化を経験してみてくださいね。

この記事がみなさんの『知りたい!!』に応えられたのなら光栄です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

コメントを残す

サブコンテンツ

    ニューヨークのホテル【チップの相場について】

このページの先頭へ