ニューヨークのホテル・ペンシルバニア【喫煙事情について】


《スポンサーリンク》



k0014226

立地の良さに定評があるニューヨークのホテルペンシルバニア。

タバコを吸う人にとっては、ホテルペンシルバニアの喫煙スペースは気になるポイントかと思います。

そこで今回は『ホテルペンシルバニアの喫煙事情について』調べてみました!

ホテルペンシルバニアに滞在予定の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ホテル・ペンシルバニアの喫煙事情

ホテル・ペンシルバニアの館内(公共エリア)は、基本的に禁煙です。

部屋の中でタバコを吸いたい方は、喫煙可の部屋を選択しましょう。

ホテルペンシルバニアのスタッフさんにお伺いしたところ、館内には喫煙ルームも設けられていないそうです。

禁煙の部屋でタバコを吸うと罰金になるので、その点だけは十分注意しましょう。

ホテル・ペンシルバニアでタバコを吸うには?

では、ホテル・ペンシルバニアに宿泊されている方たちはどこでタバコを吸うのでしょうか。

答えは…..ホテルの入り口付近です。

k0014377

スタッフの方に『どこで吸えば良いですか?』と聞くと『外で吸ってくれ〜』と玄関前に促されます。

k0014373

こちらは、ホテルに向かって右サイドにある出入り口付近です。

こちらも朝などは、タバコを吸う人が集中しています。

《スポンサーリンク》

ニューヨークのタバコ事情

k0014274

ニューヨークでは公共施設での喫煙は禁止となっています。

公園やレストラン、ホテルのラウンジ、空港なども禁煙になっており、違反すると罰金が科せられることもあります。

しかしニューヨークの街を歩いていると、路上喫煙が多いことがわかります。

ビルの入り口で吸っている人や、歩きタバコをしている人など、みなさん路上で吸われているようです。

歩きタバコに至っては、日本よりも多い印象を受けました。

路上での喫煙が認められているとはいえ、タバコを吸うときはきちんと節度を守るようにしましょう。

さいごに

ホテル・ペンシルバニアの入り口辺りでは、終日誰かしらタバコを吹かしています。

特に朝の時間帯は、たくさんの人がタバコを吸いに出ています。

灰皿はあったような気がしますが、タバコを吸っている人はみなさん携帯灰皿をお持ちでした。

みなさんもニューヨークへご旅行の際は、携帯灰皿を持っていった方が良いかもしれません。

この記事がみなさんの『知りたい!』の力になったなら、幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

コメントを残す

サブコンテンツ

    ニューヨークのホテル・ペンシルバニア【喫煙事情について】

このページの先頭へ