セントパトリック大聖堂の入場料について【ニューヨーク】


《スポンサーリンク》



K0013656

ニューヨークのビル群の中に佇む(たたずむ)セントパトリック大聖堂。

ニューヨークへ旅行に来たら一度は立ち寄りたい教会です。

しかし、セントパトリック大聖堂の入場料はいくらかかるのでしょうか。

そこで今回は『セントパトリック大聖堂の入場料について』調べてみました!

これからニューヨークへお出かけ予定の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

セントパトリック大聖堂の入場料について

K0013631

セントパトリック大聖堂は、入場料はありません。

誰でも無料で教会の中に入ることができます。

セントパトリック大聖堂を訪れる人は主にキリスト教信者の方ですが、キリスト教徒でなくとも問題はありません。

ゴシック様式の美しい外観を見るもよし、ミサに参加するもよしです。

ニューヨーク観光の一つとしてぜひ、お立ち寄りください。

セントパトリック大聖堂の開門時間について

セントパトリック大聖堂の開門時間は、6時30分〜20時45分です。

セントパトリック大聖堂は観光地としても有名であるため、終日人で溢れています。

祈りを捧げている信者もいれば、その周りで観光客が写真を撮っていたりして,みなさん各々この空間を満喫しています。

開門時間が長いので、お買い物に一区切りついたところで立ち寄ってみても良いかもしれませんね。

《スポンサーリンク》

セントパトリック大聖堂の場所について

460 Madison Ave, New York City, NY 10022-6863

5番街に面しているため、ショッピングの合間に訪れてみても良いでしょう。

また、MOMA(ニューヨーク近代美術館)も近く、セントパトリック大聖堂から徒歩3分くらいです。

わたしもセントパトリック大聖堂→MOMA→ティファニーという観光ルートを組みました。

これらは地下鉄に乗る必要もなく、徒歩でまわることができます。

みなさんも上手に観光ルートを組んで、効率良くニューヨーク観光を楽しんでくださいね。

さいごに

セントパトリック大聖堂に足を踏み入れると、厳かな雰囲気はもちろん、スピリチュアルなエナジーに心が洗われます。

キリスト教徒でない方も、この空間に漂う何かを感じ取ることができるでしょう。

ニューヨーク観光の中でも、セントパトリック大聖堂はぜひとも抑えたいところ。

位置的にも観光しやすい場所にあるので、みなさんの観光メニューの中にも組み入れてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

コメントを残す

サブコンテンツ

    セントパトリック大聖堂の入場料について【ニューヨーク】

このページの先頭へ